FC2ブログ
黄昏時のラクガキ
終わりのブリキ


いかなる根拠によるものか
今日が終わりの日だと分かった

朝日が昇る前
空が浅葱色に縁取られるのを
眺めているうちに知らされた
今日という日が
遠すぎる晴天になることだけは
あらかじめ知っていた



まだ涼しいうちに
ポケットに集め続けた種を
砂丘の砂だけの層を掬って
ぜんぶ植えることにした

種も
種の種も
種にならない種も
種でさえない種でさえも

ここは
ほほえみの丘
と呼ばれていたので
かつては
たくさんの人がここで笑ったはずだろうし
笑わなかった人もたくさんいたことだろう


太陽が南中する頃
もうブリキが錆びる心配はいらないから
関節という関節のギアの溝まで
海を浴びてみることにした

波も
波の波も
波にならない波も
波でさえない波でさえも

ここは
さよならの海
と呼ばれていたので
かつては
たくさんの人がここで別れたはずだろうし
別れなかった人もたくさんいたことだろう


夕暮れが暮れ始めて
立つものがみな傾いてゆく
稜線に引っ掛かってふるえている
太陽を追って坂を駆けた

影も
影の影も
影にならない影も
影でさえない影でさえも

ここは
はばたきの坂
と呼ばれていたので
かつては
たくさんの人がここで飛び立ったはずだろうし
飛び立たなかった人もたくさんいたことだろう


空に星が満ち満ちて
幽かな灯と鏡合わせの天と地で
夜風がきれいだったりするもんだから
吊り橋の真ん中に立った

風も
風の風も
風にならない風も
風でさえない風でさえも

ここは
しあわせの吊り橋
と呼ばれていたので
かつては
たくさんの人がここで満たされたはずだろうし
満たされなかった人もたくさんいたことだろう


たくさんの人が生きて
生きた人がたくさんいた

その終わりの日に
言いたい言葉なんて
なかった



世界に名前がなかったから






スポンサーサイト
2010-08-04 Wed 21:20
別窓 | | コメント:0
| Twilight Graffiti |



 


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
↑ランキングに1クリックなど
お願いします