黄昏時のラクガキ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
カルボナーラ


地面は噴火したがっている
東急の下もマルイの下もドンキホーテの下も。
オカンはアフロにしたがっている
翼のある鳥を飼いたいそうだ。
ダンデライオン、
おまえの息の根の“根っこ”はどこにある?

住宅街の外れの川沿いのバルブ工場は、
螺旋のミゾを切ったドリルのような煙突で
イカスミ色の黒煙を曇天に突き上げて“神様”を燻り出そうとしているが
所詮は豚の薫製がライン生産されるだけだ。
ベーコンともいうがそれはそれで合理的だ。

オカンのアフロから一羽のカラスが孵った。
コイツが飛べるのかどうかはまだ分からないが、
「キョーダイ、仲良くやろうぜ」とオレは声を掛けた。
根無し草の“根っこ”など、どこにもない。





2009-06-24 Wed 00:28
別窓 | | コメント:0
<<ケイオスのうた | Twilight Graffiti | たとえば僕が死んだら>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Twilight Graffiti |



 


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
↑ランキングに1クリックなど
お願いします


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。