黄昏時のラクガキ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
裸足のブリキ


いつの間にか裸足だった
あてのない旅をしていた

気が付いたらここがどこかよく分からなかった
草原を目指していたような気がするが
はたしてここは岩ばかりだ

ああそうだ
この頬をなぜるものが何かはまだ覚えてる
ならばまだ道はある
いつだって風を道しるべにしてきた

風に吹かれるままに
こんなところまで歩いてきた
靴はなくしてしまったが
足うらの痛みがより歩みを確かにする

草原に行こう
のどかな草原に


いつの間にかブリキだった
あてのない旅をしていた

気付いたらこころがどこかよく分からなかった
人間を求めていたような気がするが
はたしてここは岩ばかりだ

ああそうだ
この影を照らすものが何かはまだ覚えてる
ならばまだ道はある
いつだって月を道しるべにしてきた

月に魅せられるままに
こんなところまで歩いてきた
ハートはなくしてしまったが
頭うらの痛みがより歩みを正しくする

人間に会おう
あいする人間に



('06.10.16)



2010-04-16 Fri 22:28
別窓 | | コメント:0
<<翡翠の勾玉 | Twilight Graffiti | やり投げ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Twilight Graffiti |



 


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
↑ランキングに1クリックなど
お願いします


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。